株式と株主 株式会社に出資することにより株式を有する者(すなわち株式会社の社員)を株主という。株主は購入した株式の数に応じて、株式会社の経営に関与する事ができる(経営参加権)。具体的には株式会社の意思決定会議である株主総会において、原則として株式の保有数、またはその保有単元数に応じて議決権を持つ(株主平等の原則)。 かかる構造の法人形態は、アメリカ合衆国各州におけるビジネス・コーポレーション(business corporation)、イギリスにおける"limited company"(直訳すると「有限会社」),ドイツ等における"Aktiengesellschaft"(直訳すると「株式会社」)、フランスにおける"societe anonyme"(直訳すると「匿名会社」)など日本以外の世界各国に存在する。 株主 株式会社は株式を発行して出資を募り、株主は転々流通する株式を購入することによって会社に出資することを目的として設計された制度である。法律学において社員とは、社団の構成員である出資者(株式会社においては「株主」)のことを指す言葉であり、一般的な用法である従業員のことを指す言葉ではない[1]。従業員とは一般に、会社との間で雇用契約を締結している者を言い、社団構成員としての意味の社員とは別の概念である。 商号 株式会社は商号においては、「株式会社」を含むことが必要である。通常の表記では(株)と略すことが多い。この場合、「株式会社」の4文字は商号の先頭にあっても、末尾にあっても、中ほどにあってもよい。商号の末尾にある例(○○株式会社、いわゆる「後株」)、先頭にある例(株式会社○○、いわゆる「前株」)が通常である。 英語表記の場合には、「株式会社」をそのままローマ字表記にして頭文字を取ったKK (Kabushiki Kaisha) の他、米国や英国に倣ってCorp.、Inc.、Ltd.とすることが多い。 日本においてはCo., Ltd.の形もよく使われているが、最近では米国の風潮にならい、カンマを外したCo. Ltd.の表記を採用する企業もある。 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


薬剤師の現状

薬剤師の現状、将来性とも言うべき事ですが、薬剤師という職業は、およそ10年後には、3割程度の薬剤師が失業するのでは?という声が多く存在します。 しかし、ほんの数年前までは、薬剤師という職業が、そんな状況に至るとは、考えられない状況で、多くの現役薬剤師さんもそのような時代が来るとは、思わずにおられたと思います。

ですが、多くのメディアで、薬剤師の失業という時代が必ず来るという声や、薬剤師という仕事における時給なども1000円の時代が来るとまで言われています。 要するに、色々な場所で、薬剤師の今後が危ういという声を聞き、尚且つ今後、厳しい状況がくるという声を非常に多く耳にする中、実際、薬剤師の現状はどのようになるか?と考えた場合、やはり、現時点における薬剤師の状況は、さほど変化が無く見えていても、都内における薬剤師状況は、すでに飽和状態であると言われています。

実際、薬剤師という資格を持ち、尚且つ薬剤師として働いていた方の中には、失業を余儀なくされた方、失業せざる負えない状況の方が多く、こうした状況を見る限り、薬剤師の現状は、既に都内では飽和状態に至っているといえるのです。

中には、薬局が閉局し、失業を余儀なくされた方、処方枚数の減少により転職を余儀なくされた方など、非常に多いですから、実際、薬剤師の現状は、すでに『失業時代』と言わざる負えない状況だといえるのです。

5年後、10年後の薬剤師の行方を考えてみると、今後薬剤師は6年制大学の出現に伴い、薬剤師数が増加する事は当然ですから、今の状況を更に悪化させてしまう事になりかねます。 既に、現時点でも『飽和状態』『失業時代』と言われていますから、その言葉通り、今よりさらに厳しくなる事は、容易に予測できます。

そもそも、調剤報酬の減額、給与の減少も既にその傾向が表れており、今現在、小規模薬局などで高収入を得ている薬剤師さんほど、数年後、やはり危うい状況に至るのでは?という声もありますから、薬剤師の現状は、すでに厳しいものであり、転職を余儀なくされる方、失業を余儀なくされる方が、当然多くなると考えます。

今後、転職を余儀なくされる薬剤師さんは、今以上に増える事となりえますが、転職に関する軸というのが、今後は『給料面』になるといえるでしょうか。

薬剤師の現状として、結果、厳しい現実とも言えますが、薬剤師の活躍する場というのは、今以上に広がり、必要な人材である事は間違えないので、転職等を考える際は、有意義に転職ができるよう心がけていく事も必要だと感じます。 あと余談ですがパートの薬剤師求人についての情報ははコチラです。

管理人のブログなので合わせてチェックして下さい

准看護師の方は【准看護師】求人サイトで転職しよう| 人気のサイト准看護師の悩みまとめは口コミが多数|
治験業界が最近求人増えています。CRAの治験治験業界での活躍はかっこいいですよね。仕事できる感じで。